ブログ

【創業者精神考その1】コロワイドの大戸屋に対する敵対的買収

【創業者精神考その1】コロワイドの大戸屋に対する敵対的買収【創業者精神考その1】コロワイドの大戸屋に対する敵対的買収

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。 半沢直樹の世界が現実に起こった?? コロワイドが大戸屋に仕掛けた 「敵対的買収(TOB)」が先日成立へ。 11月4日の臨時株主総会にて 「経営陣の刷新」 というコロワイドの株主提案の審議へ。 世間で話題になっていますね。 コロワイドは、 ▼牛角 ▼カルビ大将 ▼甘太郎 ▼かっぱ寿司 など20を超える外食ブランドを運営。 一方の大戸屋は、 「家庭料理の味」 をコンセプトの定食屋チェーン。 しかし …続きを読む

人事と財務を統合せよ~レッパーの実験 vs 360度評価

人事と財務を統合せよ~レッパーの実験 vs 360度評価人事と財務を統合せよ~レッパーの実験 vs 360度評価

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。 前回のブログの続きです。 だからといって、 「賞与 = インセンティブ」 を導入すれば万事OKではありません。 あなたは「レッパーの実験」を知っていますか?? 心理学者のレッパー教授は、  保育園児を3つのグループに分け、お絵描きをさせる実験をしました。 : : :  ▼Aグループ お絵描きの前に、 「お絵描きをしたら、ご褒美をあげるね」 と言い、お絵描き後にご褒美を与えた。 ▼Bグループ お …続きを読む

コロナ下の人件費はどうあるべきか?

コロナ下の人件費はどうあるべきか?コロナ下の人件費はどうあるべきか?

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。 コロナ下の人件費はどうあるべきか? そんなヒントとなる名著あり! 日本経営合理化協会より、新型コロナ禍の中、出版されました。  『中小企業の新・幸福経営』 著者は近藤宣之氏(日本レーザー会長)。 中小企業庁官賞として、 「日本でいちばん大切にしたい会社」 の第1回受賞。 名経営者として名高い近藤氏の集大成ともいえる書籍です。 価格競争に陥る汎用品は一切やらない。 特注品に特化した差別化戦略で、 …続きを読む

トランプ大統領退院 vs 最低賃金

トランプ大統領退院 vs 最低賃金トランプ大統領退院 vs 最低賃金

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。 トランプ大統領のコロナ感染報道。 大統領選を目前に控えた今、「再選」は難しくなったか?? 完全復活し、「強い大統領」を国民にアピールできるか? 注目を集めていますね。 トランプ大統領は退院直後、 「コロナを恐れるな!」 と話し、健在ぶりをアピール。 トランプ大統領はいずれにせよ、 「逆風下」 での選挙戦になりそうです。 結果はいかに??  :  :  : 国内の雇用情勢に目を向けても、 「逆風 …続きを読む

社長にとって「いい会社」か、社員にとって「いい会社か?

社長にとって「いい会社」か、社員にとって「いい会社か?社長にとって「いい会社」か、社員にとって「いい会社か?

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。 前回のブログの続きです。 大山健太郎氏(アイリスオーヤマ会長)は、自社をこう評しておられます。 ………………………………………………… 社長にとって「いい会社」が、 社員にとって「いい会社」とは限らない。 社長はそこを勘違いしがちです。 社員を主語にして、社員にとって「いい会社」をつくる。  そうしないと、組織は動きません。 ………………………………………………… : : : これは経営の核心 …続きを読む

アーカイブ

ブログTOPへ

日々是精進ブログはこちら
新型コロナ特設サイトはこちら
個別無料相談の詳細はこちら
  • 助成金&補助金で新型コロナ禍をチャンスに変える方法
  • 「令和時代にお金を賢く残す社長の新ルール」
  • お金を残す「社長の資産防衛の新常識」
  • お金を残す「社長の資産防衛術」
  • 「ずっとお金持ち」の人成金で終わる人
  • オーナー社長の「財務対策4つの急所」
  • 社長と会社のお金を残す力“養成”講座
  • 社長は「会社のお金」をこう残せ!
  • 小さな会社の社長のお金を残すために絶対必要な本
  • 社長のお金を残す財務プロジェクト作戦指南書
お問い合わせ
よくある質問