こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

今日は東京出張でした。

社長室に通されると、どこかで聞いたことのある
声が流れていました。

それは、私の声でした。

(笑)

 

日本経営合理化協会のCD教材『お金を残す社長の資産防衛術

の新常識』をお買い上げ頂き、社長室で聞いて頂いていたのです。
https://www.jmca.jp/prod/detail/2659

 

しかも、奥様とご夫婦で一緒に。

 

大変恐縮の限りでした。

クライアントの皆様におきましては、
いつも本当にありがとうございます!

 

 

多くのクライアントの経営者のお話を
お聞きしていると、本当に勉強になります。

 

「今まで何かモヤモヤしていましたが、
3日前に閃いたんです。」

 

「今のわが社に何が足りなかったのか、
それが1週間前にわかりました。」

 

そんなフレーズを異口同音に耳にしていると、

会社について本質的に『考える』ことができるのは、

経営者しかいない。改めてそう感じます。

『考える』という仕事だけは誰にも任せられませんね。

 

 

ドラッガー氏はこう言います。

 

「忙しい人たちはやめても問題のない仕事を

いかに多くやっているかは驚くことである」

 

全ての経営者はやり方次第で、社員に任せられる仕事は多い

でしょう。

しかし誤解してはいけないのが、会社について本質的に『考える』

ことができるのは経営者しかいないということ。

経営者は経営者のやるべきことを行い、

社員のやるべきことをしてはならない。

これが『社員に任せる』という本質なのです。

経営者がやるべき仕事は、本質的に考え、意思決定することです。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.