こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

大阪都構想の仕掛人は、橋下徹氏。

橋下徹氏は2010年、府知事として、

「大阪府と大阪市を一つにまとめる」   

との大阪都構想を打ち出しました。 

実は、橋下氏の前任の太田房江知事も、

二重行政について問題意識を持っていました。

府と市を一つにまとめた新しい大阪の形を示す。

太田知事はそう考え、大阪府庁の既存の部署で検討を指示。

結果、50ページの報告書を作成したとか。

このことに対し、橋下徹氏は著書、

『実行力 ~ 結果を出す「仕組み」の作り方』(PHP新書)

の中で、以下のように述べておられます。 

…………………………………………………

この報告書は、学者が書く論文レベルでした。

大阪府と大阪市の問題点がたくさん書いてあり、

一つにまとめなければいけない。

そんな目指すべき姿が書かれているだけです。

大阪府と大阪市を一つにまとめる。

そのためには、

「何をどのようにしたらいいか」

を具体的に定めた

『実行プラン』

になっていなければなりません。

「一つにまとめるべき!」

という提言だけでは、具体的に実行できません。

 (中略)

物事を実行するためには、

「方針・戦略と組織体制」

はワンセットです。

そこで僕は、吉村洋文さんを維新の中堅若手議員からなる

「都構想戦略チームのリーダー」

に任命したのです。

…………………………………………………

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

ドイツ鉄血宰相ビスマルクの名言から、

東京都の歴史を見てみましょう。

東京府と東京市が一つにまとまった東京都の成立は、

1896年の帝国議会で案が出てから、

1943年に実施されるまで実に47年かかりました。

大阪の場合はどうか?

2010年の橋下氏が都構想を打ち出す。

2020年11月に都構想の住民再投票。

ここで可決されれば、

▼2025年1月 … 大阪都の施行。

▼2025年4月 

大阪城公園隣接の森ノ宮に新大学の新キャンパス開設

(1000億円の建設費予算)

の工程になります。

大阪城公園近くの都心部に広大な新キャンパスができれば、

現在の英語表記のままだと、

「海外からの研究生が大阪大学のキャンパスと間違える」

可能性は大きい。

そんな声も挙がっています。

これは確かに大阪大学の声明通り、

「両大学の未来にマイナス」

であると思います。

いずれにせよ、東京が47年要した。

これを大阪は15年で実行する。

そのためには橋下氏の言う、

「ビジョンだけでなく、実行プラン」

が必要不可欠なのです。

橋下氏は、

「大阪都構想 = 住民の力で大阪を変える住民運動」

と定義づけています。

11月に控えた住民投票の布石か??

6月26日のタイミングで、

「府市協調の象徴」

として新大学名称を発表。

府市一体の機運を世間に発信へ。

それに呼応するかのように、大阪大学の学長が、

▼吉村大阪府知事

▼松井大阪市長

▼公立大学法人大阪(市立大学+府立大学)

に対し、強く抗議したことで、

「国 vs 府市」の構図で「府市は一体」

との認識を世に知らしめました。

今回の新大学名称の問題に関し、

橋下氏は今のところ、沈黙を守っていらっしゃいます。

先日の泉佐野市のふるさと納税の逆転勝訴のニュースには、

「泉佐野市役所職員、お見事。

 国は気に食わない地方に対し、権力を使って、

 意地悪をすることはダメ。」

とツイッターでコメント。

しかし、大阪公立大学の件は現時点で完全ノーコメント。

橋下氏が掲げた、

「大阪都構想の実行プラン」

通りに事が進んでいるから??

▼6月19日

大阪府市の法定協議会にて都構想の制度案が決定

▼6月26日

府立大学と市立大学統合後の新大学名称決定

▼7月1日

日本経済新聞にて都構想の世論調査結果発表

(「賛成」が「反対」を上回る)

ここ2週間の動きを見ても、

『実行プラン』 

の進行を感じざるを得ません。

何か水面下で、大きな戦略や企てが動いている??

個人的に妄想する今日この頃。

 (笑)

ビッグプロジェクトを成し遂げるには、、

ビジョンだけでなく、『実行プラン』ですね。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.