こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

今日は春分の日ですね。

ただコロナ対策で、大阪府~兵庫県の往来自粛へ。

そんな呼びかけが大阪府の吉村知事よりありました。

神戸市民の私(岩佐)にとっては、頭が痛い。

大阪府~兵庫県の往来が日常になっていますので…

(汗)

 

 

 

今日の世界不況はまさに、
サバイバル戦争の様相となりました。

自転車操業の中小企業の
コロナ倒産は今後激増するでしょう。

 

 

 

 

アンリ・ジェミニ氏(軍事学者)は、

『戦争概論』

で「戦争の3大要素」をこう定義しました。

▼戦略

▼戦術

▼兵站

 

 

 

 

『補給線 ~ 何が勝敗を決定するのか』(中公文庫)

マーチン・ファンクレフェルト氏(著者)

佐藤佐三郎氏(翻訳)

 

 

 

 

この書籍の中でも、兵站の重要性が説かれています。

有名なフレーズに以下があります。

…………………………………………………

戦争のプロは『兵站』を語り、

戦争の素人は『戦略』を語る。

…………………………………………………

 

 

 

 

兵站とは、補給・輸送・備蓄管理です。

端的に言えば、

 

 

 

「兵士1人当たり1日3000kcal
の食糧を前線に送り込む」

 

 

という補給が戦争の形を規定してきた。

そう言われています。

 

 

 

不況時に【逆張り戦略】を実行する。

その前提条件は『兵站(=手ガネ)』です。

まずは財務基盤を緊急で整備して下さい。

財務基盤なくして、
戦場に向かうことはできません。

 

 

 

ピンチをどうチャンスにしていくのか?

今日のコロナ不況の中で、
虎視眈々と狙っていきたいところです。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.