こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

不況をいかに捉え、どう行動すべきか?

経営の神様といわれた松下幸之助氏。

幸之助氏はかつて、

 

 

『不況克服の心得十ヶ条』

 

 

 

として以下を述べました。

 

 

 

▼第一条

「好況よし 不況またよし」と考える

▼第二条

原点に返り、志を堅持する

▼第三条

再点検し、自らの力を正しくつかむ

▼第四条

不退転の覚悟で取り組む

▼第五条

旧来の慣習、慣行、常識を打ち破る

▼第六条

時には一服して待つ

▼第七条

人材育成に力を注ぐ

▼第八条

「責任は我にあり」の自覚を

▼第九条

打てば響く組織づくりを進める

▼第十条

日頃からなすべきことをしておく

 

 

 

 

不況になれば、経済の潮目が変わります。

採用市場もM&A市場も『買い手市場』

にシフトチェンジしていくでしょう。

 

 

 

事業意欲の高い経営者にとっては、リーゾナブルなコストで、

 

 

▼優秀な人材を採用できる

▼有望企業を買収できる

 

 

 

そんなチャンスが到来します。

また、不動産や材料の価格も下がります。



『金融史に残る最高のトレード』

 

これをサブプライムローン危機に行った、
伝説の人物がいます。

ジョン・ポールソン氏。

 

当時600%150億ドルを稼いだ。

そう言われています。

彼は自身のことを、

 

 

 

「リスクアービトラジャー

= 他の投資家が手を引くところで仕掛ける」

 

 

と言います。

 

 

 

また、リーマンショック時に大儲けした
投資家で有名な人物がいます。

ウォーレン・バフェット氏。

当時経営危機に陥ったゴールドマン・サックスに対し、

50億ドルの出資。世間を唖然とさせました。

株価が上がっている時にその株を買う。

下がり始めたら売って利益を得る。

これを【順張り】といいます。

 

 

 

マーケットの流れに素直に従い、
売買する分だけ誰でも手を出しやすい。

 

一方、ポールソン氏もバフェット氏も世界大不況時に、

 

 

 

【逆張り】

 

 

で動き、大金を手にしました。

株価が暴落している時に買い付け、

上昇に転じた時に売って稼ぐ。

ただこれはリスクを伴います。鋭い観察眼が必要です。

焦らず待つだけの度胸も求められます。

 

 

 

 

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』

by ビスマルク(ドイツ鉄血宰相)

 

 

 

不況が到来した今こそ、偉人の足跡から学ぶべきです。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.