こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

コロナ下の緊急経済対策で、

▼公的融資

▼給付金

▼助成金

▼補助金

でバラマキが行われています。

まさに「天からお金が降ってくる」といった様相です。

私(岩佐)もコロナ禍をチャンスにしてほしいとの思いを込め、

上記の“果実”を安全確実に受け取って頂くため、

日本経営合理化協会より5月15日に下記を緊急発刊しました。


『助成金&補助金で新型コロナ禍をチャンスに変える方法』

https://www.jmca.jp/prod/11568

しかし、経営者は常日頃より、

「今起こっていることの反対」

を考えなければなりません。

そんな思考習慣を是非とも身に着けてほしいのです。

将来必ず起きるのは、
目の前で今起きていることの反対です。
 

▼減税 vs 増税

▼秩序 vs 混沌

▼平和 vs 戦争

▼創造 vs 破壊 
  
▼密着 vs 閑散

▼都市 vs 地方

 
などなど。

今の時代のキーワードは何か?

その対義語は何か?

このことを常に考える習慣が経営者にあれば、

世の中が急激に逆に振れた時、
うまく対応することができます。

これこそ「環境変化対応」のキモと言えるでしょう。

先日の日経新聞朝刊一面に、

『テレワーク定着、東京圏が転出超 働き手、地方めざす』

という記事がありました。

人材派遣大手のパソナが先日、

『本社を東京から淡路島へ移転』

との発表もありました。

都市部は通勤に便利で、住みやすい。

そんな定説はコロナ禍で、
もはや崩れようとしています。

「都市」の対義語として、
「地方」の萌芽が見えているのです。

反対(対義語)に目を配っておけば、、

世の中の趨勢が、自ずと見えてくる。

非常事態が起きても、適切に対応できる。
 

経営者の仕事の本質は、

「未来創造業」

なわけですから、、

目の前で今起こっていること。

過去の常識の延長線上。

そんなスタンスで物事を見てはいけません。

未来というのは「今ではないところ」に存在しているのです。

 
日本財政の現状を考えれば、

“今の大判振る舞い”

が長続きするはずはありません。

今の反対(対義語)として最低限、

「未来の大増税」

に備えておくべし。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

カテゴリー

最近のコメント

    関連ブログのご紹介

    岩佐孝彦 著書

    岩佐孝彦 著書1

    岩佐孝彦 著書2

    岩佐孝彦 著書3

    岩佐孝彦 著書4

    岩佐孝彦 著書5