こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

冒頭はこんな記述で始まります。

…………………………………………………

ここまで権力を求め、

権力を手にした女は、過去にいない。

なぜ、彼女にだけ、それが可能だったのか。

おそらく彼女には、

人を惹きつける何かがあるのだろう。

権力者に好かれ、大衆に慕われる何かが。

…………………………………………………

5月29日に発刊後、20万部超の大ベストセラー。

『女帝 小池百合子』(石井妙子著・文藝春秋)

男社会の政治の世界で、、

小池氏がどのように都知事まで上りつめたのか。

100人を超える関係者の証言。

3年半にわたる綿密な取材。

そうした裏付けを基に、

赤裸々に小池氏の半生が描かれた。

そんな書籍でした。

小池氏は過去の取材の中で、

自らの半生をこう述べていたとか。

▼芦屋に生まれ、何不自由なく育った。

▼貿易商の父親

▼父親は有名政治家のタニマチ

▼衆議院に出馬して落選

▼それがもとで家が没落した。

▼カイロ大学首席卒業

しかし、この書籍では、、

上記は真っ赤なウソだとか。

▼小池家というのは、金がなくても、

 見栄を張り、あるように振る舞う。

▼父の貿易商は家業レベルの5人程度の零細事業

▼父は地道な会社経営はできず、

 外車を買っては夫婦喧嘩が絶えない。

▼父は商売が不調になると、

 政治家に近づき、不要な出費を増やす。

▼父本人はタニマチと法螺を吹いたが、

 パーティーに参加していた程度。

▼父は選挙に落選し、破産へ。

 会社にも自宅にも返済の取り立て。

▼関学大に一学期だけ通い退学。

 借金取りに追われ、

 私立に通わせ続けるお金はなかった。

▼そこで海外に留学させる体裁を取る。

 しかし、イギリスや米国に留学させる

 お金はなく、エジプトへ。

▼カイロ大学は父の人脈で、

 2回生より編入で裏口入学。

▼アラビア語の得意な山本氏と学生結婚。

▼カイロ大学の授業はハイレベルで、

 夫の語学力では太刀打ちできず。

▼その後離婚し、進級試験に落ち、

 落第し、日本に帰国へ。

カイロ大学を中退か? 卒業か?

個人的には興味ありません。 

どちらでもよいのでは??

ビジネス社会に一歩出れば、、

学歴は全く関係ないことは、

経営者の皆さんもおわかりでしょう。 

ただ小池氏は、

「カイロ大学卒業」

を武器にのしあがっていきます。

時は1980年代のバブル期。

時代が小池氏に味方します。

 「NHKニュースセンター9時」

で慶応卒の宮崎緑氏が抜擢される。

これを皮切りに、

▼野中ともよ

▼幸田シャーミン

▼櫻井よしこ

▼田丸美寿々

▼安藤優子

と高学歴の女性キャスターが続々誕生。

そして、、

小池氏がモデルにしたのが、

小宮悦子氏だったとか。

東京都立大学卒のテレ朝アナウンサーの

「ニュースステーション」

で見せた女性キャスター像。

このイメージが小池氏にも踏襲されたとか。

ただ他者との差別化なくして、

ビジネス社会では生き残れない。

他の女性キャスターには存在しない、

小池氏ならではの強みとして、

「日本ではなく、海外の名門大学卒」

を最大の切り札としたそうです。

1984年8月23日の朝日新聞夕刊。 

小池氏はある人物に目を留めた。

来日したトルコ人男性が、

「トルコ風呂」

との名称を問題視した記事でした。

日本で性的なサービスをする

特殊風呂がそう呼ばれている。

これに不快感を示した内容だったとか。 

小池氏はすぐに朝日新聞社に連絡。

このトルコ人男性とともに、

国会議員へ陳情に動きました。

結果、、

「トルコ風呂 ⇒ ソープランド」

に名称を正式に変更させる。

小池氏のカイロ大学卒の経歴が、

広く宣伝されることに。

その後小池氏は、

男性の性欲への理解がある女として、

男社会で生きていき、

次々と大物たちに目をかけられたとか。

そして、彼女はチャンスを掴む。

テレビ東京の

「ワールドビジネスサテライト」

の初代キャスターに抜擢される。

このような経緯があったせいか、、

小池氏でいつも話題になるのは、

学歴詐称疑惑です。

これは『カイロ大学の呪い』なのか??

富裕層の経営者の皆さんには、

『資産の呪い』

にくれぐれも注意してほしい。

私(岩佐)は常日頃より、

そう警鐘を鳴らしています。

あなたは「ナウル共和国」を知っていますか??

太平洋南西部に位置する国です。

元来ドイツの植民地でしたが、1968年に独立。

1980年代には、

 「国民1人あたり所得」

が世界最高水準でした。

アメリカや日本を凌ぎ、、

なぜ世界一のお金持ちになれたのか?

実は、、

島全体がアホウドリの糞でできており、

良質なリン鉱石が採れたのです。

リン鉱石は肥料として大変優れていたとか。

よって国全体が、

「土地を掘るだけで儲かる」

ようになりました。

全国民が土地を保有しています。

そこで、国民みんながこぞって、

土地を掘り始めたのです。

移民を労働者として雇い、土地を掘らせる。

そんな国民が増えていきました。

結果、国民みんなが大金持ちになり、

贅沢三昧の生活へ。

しかも、税金はゼロ。学校も病院もタダ。

食事は毎日すべて外食。

国民は誰も汗水流して働かなくなりました。

そんな状況の中で、

「このまま全国民が掘り続ければ、     

 20世紀中にリン鉱石は枯渇する」

と長らく危惧されてきましたが、、

贅沢を貪り続けた生活はもう元に戻れない??

ナウルは世界最大の糖尿病大国へ。

勤労意欲を持たない国に成り下がっていく。

ついに、リン鉱石も枯渇へ。

このままでは贅沢な暮らしを維持できません。 

次にナウル国民がしたのは何か?

悪のお手伝いに手を染める。

例えば、、

▼マネーロンダリングで、

 悪人の資金洗浄のお手伝い

▼セカンドパスポート取得のお手伝い

▼難民の受け入れサポート

こうして堕落の道を辿るのです。

ナウル共和国の没落から、何を学べるのか?

これは以下の通りです。

▼勤勉さを失った人間に明日はない。

▼資産を切り売りするだけの

 人生は長くは続かない。

▼いかなるときも常に

 自分をハングリーな状態に置いておくべし。

先進国の多くは、資源に恵まれていません。

資源がないからこそ、

知恵が生まれ、発展するのです。

小池百合子氏も、そうだったのかもしれません。

父の金銭問題の尻拭いをさせられ、

父の一番の被害者になってしまった。

そんな不遇な家庭環境だったからこそ、

小池氏は上昇志向が強かったのです。

小池氏は学生時、英語少女でした。

英語が大変堪能でいらっしゃいました。

将来の夢は通訳だったとか。

しかし、高校二年生で諦めたと

何度もメディアで語っておられます。

…………………………………………………

英語を勉強する人はたくさんいる。

だから、競争相手が多すぎる。

もっと違う言語にしようと考えた時、

父の書棚にあった、

「中東・北アフリカ年鑑」

を開き、アラビア語を勉強しよう。

そう思い立ち、自分の人生も

マーケティングしていた。

やりたいと思うことではなく、

どこに行ったら、競争相手が少なく、

自分の希少性が高まるのか。

常にそう考えて行動していた。

…………………………………………………

小池氏が都知事へのしあがる。

そんな過程は、

マーケティング戦略の勉強になります。

マイケル・ポーター氏の古典的名著、

『競争の戦略』

の実践者でいらっしゃるのです。

資産をたとえ有していても、

それに胡坐をかくことなく、

『勤勉』

に努力し続けることで、

『資産の呪い』

を解放させることができるのです。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.