こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

2019年に入ったばかりなのに… 早くも下方修正??

先日そんな記事が日経新聞に掲載されていました。

 

 

「証券各社の今年の景気・株価見通し、はや引き下げ」

 

 

記事によれば、下記がマイナス要因で、

今年の景気や株価は下振れするとか。

 

 

▼昨年末の急速な株安

▼年明けの米政府機関閉鎖

▼英国のEU離脱方針の迷走

 

 

以上が【下方修正】の根拠です。

そして、【下方修正】といえば…

昨年11月に衝撃の報道がありましたね。それは、
『ライザップ業績予想 大幅下方修正』

 

 

です。ライザップといえば、

 

 

『結果にコミットする』

 

という有名なテレビCMがありますね。

▼森本卓郎

▼生島ヒロシ

▼香取慎吾

▼岡村隆史

▼梅沢富美男

▼赤井英和

▼徳井義実

▼石田えり

▼峯岸みなみ

▼佐藤仁美

▼松井邦洋

▼遠藤章造

▼エドはるみ

▼天野ひろゆき   などなど。

 

 

多くのタレントがライザップに挑戦。

見事にスマートな体形に変身!

お腹ポッコリの中年オヤジの赤井英和が筋肉ムキムキに。

56歳の石田えりのセクシーなビキニ姿。

(笑)

まさに『結果にコミット』でした。

私(岩佐)も思わず「ライザップに挑戦しようかな」

と思ったことがありました。

(結局行っていませんが…)

 

世間的には、ライザップは絶好調!

そんな印象がありました。

売上高の推移は以下の通り。

 

▼2017年3月期  953億円

▼2018年3月期   1362億円

▼2019年3月期   2500億円(予想)

 

 

営業利益の推移は以下の通り。

 

 

▼2017年3月期  102億円

▼2018年3月期  136億円

▼2019年3月期  159億円(予想)

 

しかし、いまライザップは業績悪化??

昨年11月に2019年3月期の業績の下方修正を発表。

 

 

▼売上高 2500億円  ⇒ 2300億円

▼営業利益 159億円  ⇒  ▲70億円

 

 

フィットネス事業で業績好調との
世間のイメージが一気に崩れました。

ライザップはなぜ、業績が悪化したのか??

それは、過剰なM&Aが要因と言われています。

実は近年の好調の要因は『結果にコミットする』

のフィットネス事業ではありませんでした。

M&Aで伸びていたのです。

ライザップのM&A戦略とは以下の通りでした。

 

 

▼業績が悪化した会社を買収

▼それを再生させ、結果として自社も伸びる

この手法は、日本電産と同じです。

日本電産総帥の永守重信氏は、辣腕経営者として有名です。

4名の町工場を世界一のモーターメーカーへ。

日本電産も経営不振に陥った企業を次々と買収。

子会社化して再建させることで知られています。

今期も増収増益へ。

それでは、ライザップと日本電産の違いは何なのか??

それは、

 

 

▼M&Aによるシナジー効果の有無

 

にあります。

日本電産のM&A戦略は、

 

 

▼優秀な技術を有するが、
経営不振の企業をターゲットとする

 

 

というもので、本業とのシナジーを追求。

一方、ライザップのM&A先は以下の通り。

 

 

▼アパレル関連

*ジーンズ

*女性服

▼住関連ライフスタイル

*インテリア雑貨

*リフォーム

*メガソーラ

▼エンターテイメント

*ゲームソフト

*カフェ

*出版社

 

 

M&Aは5年で75社。

こうして、ライザップ・グループを形成してきました。

しかし皮肉なことに、

 

 

“無茶なM&Aで太りすぎたライザップ”

 

 

と揶揄されるほどの財務体質なのです。

ライザップ・グループを率いる瀬戸健社長は24歳で起業。

瞬く間に売上1,000億円を超える、巨大グループを築きました。

起業の原点は高校時代の彼女の存在。

彼女が当時痩せたいと言うので、
ランニングに付き合ったりして励ましたとか。

すると、3ヶ月後に「クラスで一番かわいい」

と評判になったとか。

 

 

「人間は誰かが本気でサポートし、
寄り添えば変わるんだ!」

 

そう知った瞬間だったそうです。

そんな原体験から、美容健康事業で起業したとか。

しかし、この原体験にはオチがありました。

可愛くなった彼女はその後、大学生と付き合い、

瀬戸社長はフラれたそうです。

禍福は糾える縄のごとし、ですね。

(笑)

:
:
:

このように見ても、ライザップの根源的な強みは、

 

▼美容健康事業

 

にあることがわかります。

しかし、これだけ他分野にまで手を広げると、
事業ドメインが曖昧になるでしょう。

美容健康事業とのシナジー効果も希薄になる。

それは当然かもしれません。

M&Aには、会計上のメリットがあります。

業績の悪い企業を割安で買収すれば、

 

 

【負の“のれん”】

 

として、純資産額より買収金額が下回った時の
差額を割安購入益として利益に計上できるというものです。

これは、IFRS(国際会計基準)で認められています。

よって、粉飾決算ではありませんが、
見かけ上は営業利益のかさ上げになります。

実際のところ、2018年3月期の営業利益のうち54%は、

上記の負の『のれん』による割安購入益で占めていました。

しかし、買収した企業の再建が思うように進まなくなってきた。

これが下方修正の要因です。

ライザップのV字回復なるか?

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.