こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

皆さん、クリスマスは有意義に過ごせましたか??

この歳になると、誰もクリスマスプレゼントを買ってくれません。

そこで、私は自分のご褒美に買っちゃいました。

高級外車ベントレー!

新車ですと、3000万円以上。

えっ??

岩佐は言ってることとやってることが違うって??

あんたは、中古の国産しか乗らないはずじゃないの??

そういうツッコミが入るかもしれません。

(笑)

 

 

でも、ご安心下さい。せっかく買ったのに…

この車、乗れません。(汗)

“刺す”ことしかできないんです。

 

 

そうです。これは、USBなのです。

パソコンに刺し込むと、ヘッドライトが点灯します。

ミニカー型USBなので、お値段は3800円。

本物のベントレーの1万分の1の価格です。

(笑)

 

クルマと言えば…

実は、2019年税制改正大綱の大きな柱であった消費増税対策

として【自動車減税】がありました。

 

 

 

「歴史上、初めて自動車税を恒久減税にして頂いた」

 

 

日本自動車工業会のトヨタ自動車社長の豊田章男氏が、

こうコメントされました。

そうです。

自動者保有にかかる税負担を恒久的に引き下げられる

ことが決定したのです。

 

 

例えば、排気量1,000cc以下の場合、

現行29,500円から25,000円へ4,500円の減税。

排気量1,500~2,000ccの場合、

現行39,500円から36,000円へ3,500円の減税。

 

 

これは、平成31年10月1日以降の新車新規登録者に適用と

なります。

 

 

 

しかし、私どもは顧問先のお客様に対し、このようにアナウンス

しなければなりません。

 

 

 

「この税制改正は一般大衆向けのメニューなので、

経営者の皆さんにおいてはスルーして頂いて問題なし」

 

 

 

今回の税制改正大綱における住宅ローン減税の延長と同じです。

【住宅ローン減税 vs 社宅化】2019年税制改正大綱《その2》

なぜなら、上記の自動車減税メニューは【自家用】のものであり、

【営業用】に適用されるわけではありません。

経営者は社用車として、車の費用は法人で経費化しています。

そして、経営者は中古を好みます。

「新車で車を買うのはサラリーマン」が定番です。

特に4年落ちの中古の場合、2年で減価償却できるため、

税効果が極めて高いからです。

しかし、フェラーリのような高級外車の場合、

減価償却の年数以前の問題として、

 

 

「そもそも法人の経費で認められるのか」

 

 

という論点があります。

つまり、業務に必要な車かどうかという論点です。

 

 

実は、平成7年10月に2,700万円の2人乗りフェラーリを

会社の経費として認める判決が出ています。

税務署は、業務に利用された証拠がない、また高級外車は

個人の趣味であるとして、否認しました。

一方、裁判所は以下の見解を示しました。

 

 

▼高級外車とはいえ、現実に業務に利用していた実績が

あること(走行実績がきちんとある)

▼フェラーリを利用していた役員に対して、

旅費交通費・通勤手当が別途支給されていないこと

 

 

以上を根拠に損金性を認めたのです。

さらに、フェラーリを利用していた役員が、プライベートで

3台の高級外車を保有していたため、業務用とプライベート用に

分けていたと判断されました。

この判例から、2ドアのフェラーリでも、業務としての利用記録

をきちんと作成し、社内規定を整備する。

そうすれば、損金性を認めてもらえることが学べます。

但し、高級外車などの見栄消費系の支出には十分注意を払う。

経営者はこのことを自戒しなければなりませんね。

 

 

 

というわけで、トヨタ自動車の豊田社長のコメントで、

『史上初の減税』とのフレーズがありましたが、

経営者にはあまり関係なさそうです。

しかし、トヨタ自動車現社長の言葉は関係なくても、

創業者の豊田喜一郎氏の名言はかみしめたいところ。

………………………………………………………

今日の失敗は、工夫を続けていれば、

必ず、明日の成功に結びつく

………………………………………………………

 

今年も私どものオフィスの営業日はラスト3日です。

一年を振り返って、うまくいったこともあれば、

失敗もありました。

しかし、今年の失敗は来年の成功につながるはず。

トヨタ自動車創業者の言葉から勇気がもらえました。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.