こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

先日、姫路にて播州信用金庫の本部人事部よりご依頼を受け、

管理職研修の講師を務めました。

テーマは『地域金融機関の新営業戦略プログラム』です。

冒頭に私が申し上げたのは以下の通り。

………………………………………………………………………………………

兵庫県下トップクラスの信金でいらっしゃる『ばんしん』

の管理職として求められるのは、単なる御用聞き的な営業

ではありません。

トップセールス・提案営業・ソリューション営業です。

………………………………………………………………………………………

 

中小企業庁のデータによれば、2025年にはわが国の企業の3分の1

に相当する127万社が廃業すると言われています。

そうなると、中小企業融資を主力とする信金にとっては厳しい時代

の到来が予想されます。しかし、これは私たち税理士も同じです。

中小企業のお金のパートナーという意味では、信金も税理士も共通項にあります。

そこで今回は、信金マンが日々の営業活動の中で、

 

▼事業承継

▼助成金

 

の2大テーマを切り口にどのようにソリューション営業を展開すべきかについて、

魂込めて3時間にわたりお話しました。

この研修は2グループに分けて進めていらっしゃる関係で、来月も実施予定です。

管理職の皆さん、姫路の山奥の田舎の施設に缶詰めで大変でいらっしゃったと思います。

お疲れ様でした。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.