» 2018 » 10月のブログ記事

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

一昨日、日本にビッグニュースが飛び込んできました。

 

『本庶氏 ノーベル賞』

 

京都大学医学部教授の本庶佑氏。

日本人として2年ぶりのノーベル生理学・医学賞。

授賞理由は以下の通り。

 

『免疫抑制の阻害によるがん治療法の発見』

 

本当に凄いですね。

世の中には天才と呼ばれる方がいらっしゃいます。

敬服の限りです。

京大で開かれた会見で、
本庶氏はこう述べました。

……………………………………………………

『果実』は大学に返し、

後進を育てることに使いたい。

……………………………………………………

本庶氏は今回の授賞を研究活動で得られた

『果実』

 

と表現されたのです。

御年76歳にして手にした見事までの

 

『果実』

 

でした。本当におめでとうございます!

:
:
:

本庶氏が研究者人生の集大成として、
大きな果実を得た。

それと同様に、

私たちも経営者人生の集大成として、
大きな果実を得なければなりません。

経営者人生の集大成としての
 

『果実』

 

とは何か?

私(岩佐)は以下のように考えています。

 

 

▼役員退職金

▼公的年金(老齢厚生年金)の満額受給

▼個人年金(小規模企業共済)

▼創業者利益(資産管理会社の活用)

 

 

この4つを得ることができれば、
胸を張って経営者はこう言えるでしょう。

 

「俺(私)は財を残した。」

 

「俺(私)は間違いなく、
お金を残す社長だった。」

 

 

例えば、小規模企業共済は加入OKですか?

これは、中小企業基盤整備機構による公的制度です。

開業医のドクター先生においては、
医師会が奨励しているケースも見られます。

小規模企業共済には、
以下の3つのメリットがあります。

▼入口(加入時)

⇒ 加入要件のストライクゾーンが広い

⇒ 代表取締役だけでなく、役員ならOK

 

▼プロセス(加入期間)

⇒ 全額所得控除

⇒ 個人で一般の生命保険に加入しても、
年間4~5万円の所得控除のみ

⇒ 掛金月額は月額1000~70000円
まで範囲内で自由に設定

⇒ 年収2000万円超の役員の場合、
月額7万円(年間84万円)の税効果は、
42万円
 

▼出口(解約時)

⇒ 将来解約時のお金は「退職所得」扱い

⇒ 日本の税制で最も優遇されているのは、
退職金の税金

⇒ 年金のように分割して受給することもOK

 

以上のように、入口・プロセス・出口全ての段階で効果あり。

経営者自身はもちろん、
奥様を含め、同族役員は加入する価値があります。

(注)

医療法人の理事の場合、小規模企業共済には
加入できませんので、ご注意ください。

 

 

『危機管理3原則』は以下の通りです。

▼自助

▼互助

▼公助

 

経営者は宿命的に【自助】の世界にいます。

万一事業が破綻し、仕事を失っても、
失業手当は1円ももらえません。すべて自己責任です。

よって、経営者人生の最後ぐらいは、

 

【公助】

 

の恩恵を受けてほしいのです。

老齢厚生年金しかり、小規模企業共済しかり。

公的制度をかしこく活用して下さい。

今日も社長業を楽しみましょう。

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

月が変わり、10月になりました。

月初めには社内恒例行事のバースデーサークルを実施。

その後は、TFP大学と銘打って、社内研修をしています。

その中で、『ワーク効率化プロジェクト』を今月より本格稼働

させました。

社内改革で大切なのは、やはりトップダウンです。

トップ自らが強い覚悟で臨まなければ、社内は変わりません。

そこで、私(岩佐)が自ら講師として、社内研修を行いました。

最小の労働時間で最大の成果を上げることは、

どこの組織でも大事ですね。

今日も社長業を楽しみましょう。