こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

今日の時代変化というのは「認識」の問題です。

時代の変化は猛烈な速度で進んでいますが、、

コロナ禍を不況と捉えるのか?

変革のチャンスと捉えるのか?

「認識格差」が広がっています。

ただこの流れが経営者自身、

「見えていようが、見えていまいが」

急速な変化自体はもう待ったなし。 

経営者として押さえておくべきは、
 

▼現在の常識は、未来の非常識

▼未来の常識は、現在の非常識

に必ずなるということ。

この歴史は繰り返されるのです。

本田宗一郎氏(ホンダ創業者)の名参謀と言われた、

藤沢武夫氏にこんな名言があります。

…………………………………………………

経営とは三歩先を読み、

二歩先を語り、

一歩先を照らすものである。

…………………………………………………
 

 
来るべき時代の「一歩先」とは言わないまでも、

半歩先くらいを歩める。

そんな速度では最低でも対応していきたいもの。

 
▼デジタル庁の創設

▼オンライン診療の恒久化

▼中小企業基本法の見直し

菅新政権の上記の政策は、何を意味するのか?

「半歩先」、

大目に見ても、、

「一歩先」の話であるはずです。

 
本田宗一郎氏と二人三脚で、

「世界のホンダ」

を作り上げた名経営者の言葉。

ウィズコロナ時代の今こそ吟味したいところ。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

カテゴリー

最近のコメント

    関連ブログのご紹介

    岩佐孝彦 著書

    岩佐孝彦 著書1

    岩佐孝彦 著書2

    岩佐孝彦 著書3

    岩佐孝彦 著書4

    岩佐孝彦 著書5