こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

前回のブログで、税金&社会保険の“壁”について考えました。

ただ私たちは生きていく中で、人生の“壁” に必ず直面します。

目の前に“壁”が立ちふさがっている。

何かに行き詰まっている。

そんな“壁”にぶつかったとき、
自分自身をどのように奮い立たせ、勇気づけ、乗り越えるのか?

これはとても大切なことです。

 

 

 

特に経営者の場合、行き詰まれば、一攫千金を狙いがちです。

しかし、令和の時代に入り、新規顧客を集めるための、
無差別な広告の効果はなくなった。

そんなふうに言われます。

今年9月の消費増税前の駆け込み需要も、
一昔前に比べれば、大きくはなかった。

 

 

 

『心の野球 ~  超効率的努力のススメ』(幻冬舎)

 

 

 

桑田真澄氏(元読売巨人軍)の著書に、
こんな記述があります。

…………………………………………………

練習したからといって、すぐに結果が出るものではない。

毎日コツコツ努力していると、
人間はある日突然、成長する。

これを僕は「成長の法則」と呼んでいる。

階段の形のグラフだと思ってほしい。

試行錯誤を重ねても、あるところまでは、
変化なくまっすぐ進んでいく。

そして、いきなり垂直に上に伸びる。

そのあとはまた変化なく、
まっすぐに進み、ふっとまた上に伸びる。

その繰り返しなのである。
…………………………………………………

 

 

 

正しい経営理念のもと、
コツコツ良い仕事を積み重ねていけば、

 

 

「成長の法則」

 

 

が待っているのかもしれません。

長野県の有名なトップ企業の
伊那食品工業の塚越社長の提唱する、

 

 

「年輪経営」

 

 

に相通ずる言葉です。

また、「成長の法則 =ブレイクスルー」です。

ブレイクスルーとは次の意味です。

 

 

「それまで障壁となっていた事象を突破すること」

 

 

いかに“壁”を突破していくのか?

社会保険対策だけではありません。

あらゆる経営の場面で求められることです。

 

 

三木谷浩史氏(楽天創業者)には以下の名言があります。

…………………………………………………

ブレイクスルーを起こすには、

100%の力ではダメです。

120%出さなくてはいけない。

それをやれるかどうかという差は、
大きいと思います。

一つ言えるのは、頭を使って、
成功するまでやり続けることです。

それには自分のエネルギーレベルと
ゴールへの執着心が必要なんです。

…………………………………………………

 

 

100%では甘い! 120%出せ!

ハンマーで頭をガツンと叩かれた気分です。

(汗)

 

120%のエネルギーでコツコツ努力する。

その先にこそ、“ブレイクスルー”

が待っているのでしょう。

いつか私たちの目の前に突然広がる、希望に満ち溢れた、

ブレイクスルーの世界へ向けて…
今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.