こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

令和の時代は竹下総理のように “おしん”

の精神で耐え忍ぶことが求められる。

そんな時代になるかもしれません。

令和の時代は恐らく、平成の時代以上に厳しい経営環境が
待ち受けているでしょう。

その理由は人口動態にあります。

世界に類を見ない少子高齢化の時代。

人口増加&高成長の時代が人口減少の時代に転じる。

そうなれば、多くの仕組みが180度転換します。

すでにその兆しが見えています。

例えば、売上に対する考え方です。

かつて、売上を伸ばすことに疑問を挟む人はいませんでした。

しかし、今はどうでしょうか?

 

 

 

『売上を、減らそう』(ライツ社)

 

 

こんなタイトルの本が売れる時代が到来しています。

長時間労働、低賃金が問題となり、
ブラックと呼ばれる外食業界。

そんな中で、

 

 

「社員を犠牲にしてまで追うべき数字なんてない。」

 

 

という理念が反響を呼ぶ。

著者の中村朱美氏率いる店舗「佰食屋」。

TV東京「ガイアの夜明け」で特集されました。
 

 

「なぜ、100色限定なの??

100食以上売ったら、もっと儲かるのに。」

「昼だけじゃなくて、夜も売ったら儲かるのに。」

 

 

こんなことを周囲から何度も言われながらも、

昼だけの1日100食限定にこだわる。

 

 

「社員の働きやすさ」と「会社の利益」の両立を生んだ。

そんな奇跡のビジネスモデルとして、
多方面から賞賛を受けているのです。

新しい時代の幕開けを感じさせます。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.