こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

只今、所得税確定申告期間中。

スタッフ皆、連日頑張ってくれています。

全国の会計事務所の毎年恒例の年一度の“お祭り”期間中です。

中小企業庁において『中小企業経営者の経営相談の状況』

の統計データがあります。

具体的な相談相手のランキングは以下の通りです。

 

 

▼1位 … 顧問税理士(68.1%)

▼2位 … 経営陣(34.9%)

▼3位 … 家族・親族(27.4%)

▼4位 … メインバンク(17.7%)

▼5位 … 出資者・株主(15.8%)

▼6位 … 同業種の経営者(13.0%)

▼7位 … 経営コンサルタント(11.0%)

▼8位 … 異業種の経営者(10.6%)

▼9位 … 従業員(10.3%)

▼10位 … 取引業者(8.6%)

 

 

 

このように見ても、税理士がダントツ1位。

嬉しいとともに身が引き締まる思いです。

:
:
:

経営コンサルタントの第一人者の大前研一氏。

大前氏が1975年に上梓した処女作、

 

『企業参謀  ~ 戦略的思考とは何か』

 

 

の中でこんな記述があります。

……………………………………………………

戦略的思考の第一段階が、ものの【本質】

を考えるということにある。

『戦略的』と私が考えている思考の根底にあるもの。

それは一見混然一体となっていたり、

【常識】というパッケージに包まれている事象を
分析することである。

ものの本質に基づいてバラバラにした上で、
それぞれ持つ意味合いを自分にとって、

【最も有利】となるように組み立てた上で、
攻勢に転じるやり方である。

個々の要素の特質をよく理解した上で、
今度はもう一度人間の頭の

【極限】を使って、組み立てていく思考法である。

……………………………………………………

名著『企業参謀』の冒頭に上記の記述があります。

戦略的思考を税務の世界に落とし込む。

これこそ『税理士 = 企業参謀』

になるための要件である。

私どもはそう認識しております。

お金を残す経営者になるために、
節税チャンスを100%活かす。

この基本理念に立つ。

そのうえで大前氏の言葉にあるように、

 

 

▼本質を考える

▼常識にとらわれない

▼最も有利になるように攻勢に転じる

▼頭の極限を使って組み立てる

 

 

といった戦略的思考を持つ。

もしそうでなければ、

『税理士 = 税務署の回し者』

『税理士 = 帳面屋』

との批判を甘んじて受けなければならない。

“明日は我が身”です。

自戒の念を込めて、改めて肝に銘じたいと思います。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.