こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

2月も早いもので、まもなく終了。3月の年度末まであと1ヶ月。

4月1日より新たな年度が始まります。

しかし、今年の年度初めは例年と様相が異なりますね。

そうです。新元号発表があります。

政府は着々と準備を進めているようです。

新元号は一体どうなるのか??

予想ランキングベスト5は以下の通り。

 

▼安久

▼安永

▼安始

▼栄安

▼安明

 

 

本当に楽しみです。

そんな中で昨日『天皇陛下在位30年記念式典』

が開催されました。

式典の中で、両陛下が作られた楽曲が
ある歌手によって熱唱されました。

 

 

 

『歌声の響』(作詞:天皇陛下・作曲:皇后陛下)

 

 

独唱されたのは、三浦大知さん。

沖縄県出身の歌手でいらっしゃいました。

圧巻の歌声は評判になりました。

……………………………………………………

だんじょかれよし 歌声の響

見送る笑顔 目にど残る

だんじょかれよし 歌や湧き上がたん

ゆうな咲きゆる 島肝に残て

……………………………………………………

 

たんじょかれよし(= 誠にめでたい)。

そんな意味だとか。

この楽曲が誕生するきっかけは、1975年。

両陛下が皇太子時代に沖縄を初めて訪れた時のこと。

ひめゆりの塔に祈りを捧げられた後、
国立ハンセン病療養所を訪ねられた。

両陛下がお帰りの際、
在園者の感謝を込めた合唱が沸き起こった。

 

それが沖縄の船出歌『だんじょかれよし』。

 

 

『だんじょかれよし(= 誠にめでたい)』。

 

 

沖縄でお祝いや旅立ちの歌に使われる言葉なのです。

この合唱に感動された両陛下が、

沖縄への思いを込めて、お作りになった。

そんな楽曲が上記の『歌声の響』なのです。

:
:
:

『だんじょかれよし(= 誠にめでたい)』

 

ポスト平成時代へ向けて、そんな旅立ちをしていきたい。

私たち経営者もそうありたいものですね。

しかし、現実はそう甘くない。ビジネス社会は常在戦場。

百戦錬磨の経営者は皆よ~く知っていることですね。

 

『だんじょかれよし』

 

 

そんなふうにお祝いムードに水を差す??

実は、日本経済が直面する課題がコレ!

 

【人手不足】

 

 

この傾向は、ポスト平成時代においても、
長期にわたって継続する。

そんなふうにいわれています。

人手不足は、中小企業ほど深刻です。

2018年度版中小企業白書によれば、
人手不足の程度を示す充足率は、以下の通りです。

 

 

▼社員数5~29人

*製造業  … 3.2%

*非製造業 … 3.5%

▼社員数1000人以上

*製造業  … 0.4%

*非製造業 … 1.6%

 

 

このように中小企業ほど、働き手の不足が深刻なのです。

人手不足にいかに対応すべきか?

これが、ポスト平成時代の経営のキモになるかもしれません。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.