こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

4月1日の新元号発表まで約40日。

平成もあと残りわずかとなりました。

平成の時代が終わることから、平成回顧ブームが起きています。

多くのメディアが『平成を振り返る』という特集を組んでいます。
 

 

一橋大学名誉教授で『超整理法』などの
ベストセラーを手がけた野口悠紀雄先生。

 

 

『平成はなぜ失敗したのか』(幻冬舎)

 

 

野口先生はこの新刊の中で、以下のように述べておられます。

……………………………………………………

この30年間を一言で言えば、

世界経済の大きな変化に
日本経済が取り残された時代であった。

平成時代を通じて、
日本経済の国際的な地位は、
継続的に低下しました。

ここで重要なのは、

「努力したけれども取り残された」

のではなく、

「大きな変化が生じていることに
気がつかなかったために取り残された」

ということです。

改革が必要だということが意識されず、
条件の変化に対応しなかったのです。

……………………………………………………

 

この代表的なエピソードとして、1992年1月の日米首脳会談を紹介。

米国のジョージ・ブッシュ大統領(父)が来日した際のこと。

晩餐会の最中で、隣に座っていた宮沢喜一首相の膝に嘔吐。

椅子から崩れて、倒れてしまいました。

この時、多くの日本人に見られたのは、

 

 

「アメリカ大統領が倒れ、日本の首相がそれを受け止めた。

日本はアメリカより強い。」

 

 

という感情だったとか。

しかし、この感覚は今から振り返ると、誤認であった。

世界では、80年代に大変動が起きていた。

しかし、その影響が日本では80年代のバブルで隠されていたそうです。

野口先生曰く、

 

▼日本人の多くがバブルに酔った。

▼そのため、深刻な問題が生じていることを認識できなかった。

▼日本全体が弛緩していた。

 

という状況だったのです。かくして、平成は失敗の時代になった…

 

 

 

そんな中、今日から所得税確定申告期間スタート!

平成最後の所得税確定申告となりました。

私どもが今回手がける案件は、ふるさと納税を含めた還付申告だけでは
ありません。

社宅スキームを実行された経営者の譲渡所得税の申告があります。

また、贈与税の申告も多数あります。

メインは、次世代への自社株贈与です。

資産防衛はまさに【第二領域】です。

つまり、緊急性は低いが、重要性は極めて高い領域ですね。

日々のルーチン業務に追われることなく、平成最後の確定申告で、

【第二領域】に取り組まれたお客様に敬意を表します。

このような経営者の皆様にとっては、

平成は決して失敗ではありません。

平成の有終の美を飾って頂くべく、全社一丸で確定申告を頑張ります!

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.