こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

年始に際し、私たち経営者は心新たに目標を立てます。

1973年から2017年までの長期連載。
そんな長寿作の人気漫画があります。

その名は『浮浪雲』。

この中で、作者のジョージ秋山氏は、
登場人物にこんなセリフを言わせています。

……………………………………………………

富士山に登ろうと心に決める。

そんな人だけが
富士山に登ったんです。

散歩のついでに登った人は、
一人もいません。

……………………………………………………

目標を立てることの大切さ。

この本質が凝縮された良い言葉です。

年始ですから、日本一高い山を目指すぐらいの
大きな目標を立てたいところですね。

実は経営の世界に、

 

 

▼ストレッチ目標

 

という目標管理法があります。

 

アメリカのGE社の当時CEOだった

ジャック・ウエルチ氏が提唱した手法です。

『ストレッチ体操』とも言われますね。

ストレッチとは、引き伸ばしという意味。

つまり、“背伸びしないと届かない”目標を現場に与える。

これにより、社員の能力を引き出すことができる。

そんな意味が込められた社員教育法だとか。

また、経営者視点としてのストレッチとは、

 

 

 

▼外部環境と内部環境が100%ベストの時
に売上と利益をどこまで伸ばせるか?

 

 

という意味も込められています。

ストレッチ・マインドで2019年も
お互い組織一丸で頑張っていきましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.