こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

わが社は本日仕事納めでした。

顧問先のお客様を初め、関係者各位の皆様には、

大変お世話になり、ありがとうございました。

わが社の仕事納めの毎年の恒例行事は『年末調整還付式』。

現金にて年末調整の還付額を手渡しします。

ただ還付額はあくまで国から払われるものですので、

会社から1年間のねぎらいの品としてフルーツを各人に贈呈。

 

この形式であれば、所帯持ちの社員スタッフも奥様にバレる

ことなく、お小遣いが増える??

奥様方にお願いしたいのは、日々頑張っている旦那の仕事ぶり

に免じて、大目に見てあげてほしいと思います。

美味しいフルーツの手土産も持たせていますので、

どうぞよろしくお願いします!

(笑)

 

 

 

父と兄が設立したエステーの社長に就任後、
バブル期の負の遺産を大リストラし、

新商品開発を年間1本に限定。

その結果、「消臭ポット」を大ヒットさせ、

創業以来最高益を達成。

名経営者として名高い鈴木喬氏。

著書『社長は少しバカがいい。』(WAVE出版)

の中でこう述べられています。

……………………………………………………

経営には、常に博打の要素がある。

どんなに理屈で考えても、
決断できない選択を迫られることがある。

ここで尻尾を巻いて逃げるようであれば、
結果は出せない。

社長に必要なのは、

「運」と「勘」と「度胸」なのだ。

……………………………………………………

 

私(岩佐)も年末に際し、

 

▼運
▼勘
▼度胸

 

を来年はもっと磨いていきたい。

そう自戒の念を込め、胸に刻みました。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.