» 2019 » 2月のブログ記事

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

2月3日は節分でしたね。

皆さん、恵方巻は食べましたか??

日曜日はわが家の食卓にも並びました。

2019年の恵方は『東北東』でしたね。

さて、節分で一番儲かった業界はどこか??

税理士??

それは、100%ありません。

(笑)

 

 

答えは、海苔の業界です!

恵方巻により、海苔の消費量が大きくなるからです。

この業界には、

 

 

『海苔の御三家』

 

 

と称される老舗企業があります。

 

 

 

▼山本山

▼山本海苔店

▼山形屋海苔店

 

 

3社とも東京の日本橋創業です。

まず、山本山を見てみましょう。

 

 

『上から読んでも、山本山。

下から読んでも、山本山。』
 

このテレビCMのキャッチは有名ですね。

創業は1690年。初代山本嘉兵衛が江戸に出店。

1738年、お茶漬けで有名な『永谷園』の
創業者が開発した煎茶を4代目・嘉兵衛が販売。

結果、人気を博し、江戸中に広まる。

その後、6代目・嘉兵衛が玉露を発明。

まろやかな風味が旗本や大名から評判を呼ぶ。

こうして、山本家は莫大な財を築く。

1947年には現会長の9代目が、海苔の販売を開始します。

1970年にはブラジルでお茶の生産開始。

1975年にはアメリカのロスに現地法人設立。

現社長の10代目は、
社歴をこう振り返っておられます。

 

……………………………………………………

こうして山本山の歴史を振り返ると、
「およそ100年ごとに何か新しいことが
起きている」

ことがわかります。

次の100年目は、
2035~2045年くらい。

ここで何かが変わらないと、
その次の時代に引き継ぐことはできない。

そう思っています。

……………………………………………………

 

300年企業の創業家ならではの大変重みのあるお言葉です。

老舗でも決して、守りに入らない。

常に先を見据え、攻めることを考えている。

素晴らしいの一語に尽きます。

 

 

 

次に、山本海苔店を見てみましょう。

1849年創業。2代目徳治郎が『味附海苔』を開発。

明治天皇が京都へ行幸の折、
御所への土産物の上納を仰せつかる。

そこで、海苔に味を付けることを考案。

これを契機に宮内省御用達。

味附海苔は大ヒット商品へ。

3代目徳次郎は、海苔のサイズ統一や海外進出で現在の

 

 

『マルウメブランド』

 

 

を確立し、“海苔の神様”の異名をとる。

江戸の幕末に始まり、明治・大正・昭和・平成。

海苔一筋に老舗の看板を守ってきた、山本海苔店。

実は、当主が代々受け継いでいる、
門外不出の家訓書があるとか。

これを書いたのは、山本海苔店をメジャーにした2代目。

 

 

▼お客様第一に考えよ

▼本業を踏み外すな

▼質素倹約に努めよ

▼一族みな仲良くしろ

▼善根陰徳をなせ

▼跡継ぎが成人に達した時、無能だったら、
お店の許せる範囲でお金をあげて、
仕事をさせるな

 

 

このように、いつの時代も不変の家訓が存在するのです。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

こんにちは、JR大阪駅間のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

経営者は銀行借入に対し、【規律】を持たねばなりません。

具体的には、

 

 

▼年商の3割以下

 

ですね。そして、もう一つ重要なのが、

 

 

▼ROA(総資本利益率)2.5%以上

 

 

です。巷には、財務分析指標が数多く存在します。

 

 

 

▼流動比率

▼当座比率

▼自己資本比率

▼固定比率

▼固定長期適合率

▼売上債権回収率

▼在庫回転率

▼インタレスト・カバレッジ

▼配当性向

▼ROE

▼PBR

▼EPS    などなど。

 

 

その中でも経営の原点として、最重要視すべき指標とは何か??

それが【ROA】である。

こう説いていらっしゃる名経営者がいます。

 

 

スター精密の代表取締役会長の佐藤肇氏。

1950年に静岡で12坪の掘立小屋で、6名で創業。

その後、1990年に東証一部上場へ。

今や、700名の社員を有し、精密部品で世界一のシェアを獲得。

そんなスター精密にも危機の過去があった?

 

 

2008年のリーマンショック時には、赤字85億円。

それなのに、

 

 

▼国内社員のリストラ一切なし

▼現預金の減少6億円

 

 

にとどまったとか。

おまけに当時、現場に対し、佐藤肇氏はこう指示したそうです。

 

 

「売上を伸ばすな。絶対に無理に売るな。

売上は半分にしろ!」

 

 

その結果、

 

 

▼在庫60億円

▼売掛金10億円

 

の圧縮に成功。

リーマンショックの当時2年間で、
売上が3分の1、純利益166億円急減。
スター精密の大赤字をニュースで知った、大学時代の友人が心配し、

 

 

「お前、大丈夫か!?」

 

 

と電話してきたそうです。

しかし、佐藤氏はそれに対し、

 

 

「もちろん大丈夫だ。

むしろ会社の財務体質は良くなるから。」

 

 

と答えたとか。

確かにこれは強がりのフレーズではありませんでした。

その後、売上は微増でも、
利益が残りやすい経営体質に変革へ。

今日では、

 

 

▼売上高600億円

▼経常利益70億円

▼自己資本比率70%

▼無借金経営

 

 

という無敵の財務体質を誇っておられます。

そんな経営手腕を誇った佐藤氏が最重要視する財務指標こそ、

 

 

 

▼ROA(総資本利益率)2.5%以上

 

 

なのです。そして、これこそ、

 

 

【赤字85億円でも、ビクともしない経営体質】

 

 

のキモであると言われています。

そんな佐藤肇氏は大学卒業後に、スター精密に入社。

40歳までは、工程管理や海外工場立ち上げに従事。

その後、社長室長に任命される。

 

 

 

「どの会社でもいい。まずは『有報』を買ってこい。」

 

 

と先代の父から指示を受ける。

ただ財務の勉強を全くしてこなかったため、
有報の意味が全く分からない。

 

「UFOを買ってこいって、どういうことだ??」

 

と思われたとか。

 

 

『有報』とは、UFOではありません。

有価証券報告書の略ですね。

(笑)

 

 

その後、先代からの“有報ノック”が始まる。

 

 

「いいか。

この数字とこの数字を掛け算すると、
こういう意味があるんだ。

次の会社のレポートでは、
そういう視点も盛り込んでみろ。」

 

 

先代は社長室でこう教えてくれたそうです。

なんて、美しい父子の事業承継なんでしょう!

敬服の限りです。

 

 

これを6ヶ月間続けた結果、
佐藤氏は財務の知恵を身体で覚えたのです。

実は佐藤肇氏は日本経営合理化協会より
昨年、私(岩佐)と同時期にCD教材を上梓。

また、価額も同じ。

売れ行きランキングで現在7位。
https://www.jmca.jp/ranking/audio

 

 

私(岩佐)は現在4位。

5月に発刊予定の次回作も頑張ります!

そんな佐藤氏はこうおっしゃられています。

 

 

……………………………………………………

経理から上がってきた数字を
頭に入れながら電卓を叩く。

そうすれば、数字の声が聞こえる。

笑っている数字、怒っている数字、
泣いている数字。

数字にも表情があるのです。

数字は嘘もつかず、正直です。

言い訳するのは、人間だけです。

……………………………………………………

 

 

先代から伝授された財務の知恵に
裏打ちされた、本当に深いお言葉です。

財務に強い名経営者が最重要視する、

 

 

▼2.5%以上のROA

 

 

を大切にしましょう。

 

ROAの計算式は以下の通り。

 

 

 

*総資本利益率(ROA)

= 利益/売上高(売上高利益率)

× 売上高/総資本(資本循環スピード)

 

 

ROAを高めるには一体どうすべきか?

単純に、売上高を増やせばいいのではありませんね。

 

 

▼粗利益の高い商品サービスを通じ、利益率を高める

▼ムダな在庫・売掛金・不動産・設備機械、
銀行借入を持たない

 

 

こうすれば、
 

 

【ピンチに動じない経営体質】

 

 

ができる!

大坂選手の全豪オープン優勝の翌日。

日経新聞スポーツ欄には、

 

 

『大坂折れず 成熟のV』

 

 

の見出しが躍っていました。

この試合も楽に勝ったわけではなかった。

マッチポイントを握った後、最後の1ポイントが遠かった。

相手選手の執念もあり、好機を逃す。

落胆を隠せず、ミスを続け、第2セットを落とす。

しかし、気持ちをリセット。

最終セットで底力を見せ、優勝をもぎ取ったのです。

大坂選手は最大の課題に掲げる成熟を、

 

 

「思い通りにいかない状況を受け入れる力」

 

 

と表現しています。

 

 

▼勇気

▼忍耐

▼1球への執念

▼少しの運

▼成熟

 

 

大坂選手は上記の勝者に必要な資質を
すべて兼ね備えていました。

 

 

安藤百福氏の経営者人生も、
決して順風満帆なものではなかった。

脱税嫌疑や背任行為として訴えられ、無一文になっています。

そんな中でも、こんな名言を残しています。

 

 

……………………………………………………

失ったのは財産だけではないか。

その分だけ、
経験が血や肉となって身についた。

……………………………………………………

 

 

この忍耐強さが銀行依存と決別し、
日清食品の経営基盤となったのです。

私(岩佐)の今日のランチは、日清のカップ麺。

今日は、安藤百福氏のエネルギーを拝受し、
書かせて頂きました。

(笑)

 

 

順風満帆の経営はあり得ない。

経営も人生同様、山あり谷あり。

 

大坂選手いわく、

 

 

「思い通りにいかない状況を受け入れる力」

 

 

を宿した経営体質をいかに作るのか?

危機が訪れた時でも動じない経営体質をどう作るのか?

今日も社長業を楽しみましょう。