ブログ

【悲報】新事業承継税制は5年後に終結します。

こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループ

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の

岩佐孝彦@税理士です。

55歳以上の経営者が

特にマークすべき情報あり。

5年後の60代到達年度。

孫正義氏の人生50年計画に基づき、

「後継者に事業を譲る」

準備をしていくべし。

まさにちょうどその時、

「新事業承継税制」

の適用期限を迎えます。

新事業承継税制とは、

 

▼自社株を次期社長に

実質税負担ゼロにて、

相続&贈与できる

 

特例措置です。

 

平成30年度に大幅拡充。

その結果、経済産業局へ

「特例承継計画の申請件数」

が急増しました。

▼平成30年 1885件

▼令和元年  3817件

▼令和2年  2918件

▼令和3年  1073件

(6月末までの実績)

 

 

この特例措置の適用期限は、

【令和9年12月31日】

とされていましたが、

中小企業の後継者難が

社会問題化する中で、

個人的に密かに

延長を期待していましたが、

残念!!

 

 

令和4年度税制改正大綱にて

【令和9年12月31日】

で終了する。

そんな明記がなされたのです。

 

コロナ下で史上最大の

財政出動が続く中、

財務省は、

「減税措置の延長はできない」

と判断したのでしょう。

 

大綱には以下のように、

記載されました。

……………………………………

この特例措置は、

日本経済の基盤である

「中小企業の

円滑な世代交代」

を通じた生産性向上が

待ったなしの

課題であるために

事業承継を集中的に

進めるための

時限措置としている

ことを踏まえ、

「令和9年12月末」

までの適用期限は

今後とも延長を行わない。

 

事業承継を検討している

中小企業経営者の方々に

適用期限が到来する

ことを見据え、

早期に事業承継に

取り組むことを

強く期待する。

……………………………………

 

 

あと5年でタイムリミット。

新事業承継税制の申請を

まだ行っていない。

そんな経営者の中で、

 

 

▼既に代表に就任済だが、

先代の自社株問題が

未解決のままである

▼5年以内に同族後継者

にバトンタッチする

計画あり

 

 

といった状況にあるなら、

“四の五の言わず”

新事業承継税制の申請に

粛々と動いていくべし。

自社株問題はもはや

先送りできません。

 

あなたが経営者として、

「事業を存続させる」

覚悟があるなら、

答えは一つです。

 

今週のYoutubeチャンネルは、

以下の通り。

 

《経営者に伝えたい「お金」の教養》

源泉徴収制度の光と影

(約6分)

今日も社長業を楽しみましょう。

アーカイブ

ブログTOPへ

日々是精進ブログはこちら
新型コロナ特設サイトはこちら
個別無料相談の詳細はこちら
  • 助成金&補助金で新型コロナ禍をチャンスに変える方法
  • 「令和時代にお金を賢く残す社長の新ルール」
  • お金を残す「社長の資産防衛の新常識」
  • お金を残す「社長の資産防衛術」
  • 「ずっとお金持ち」の人成金で終わる人
  • オーナー社長の「財務対策4つの急所」
  • 社長と会社のお金を残す力“養成”講座
  • 社長は「会社のお金」をこう残せ!
  • 小さな会社の社長のお金を残すために絶対必要な本
  • 社長のお金を残す財務プロジェクト作戦指南書
お問い合わせ
よくある質問