こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

今日は阪神大震災25年目の日。私(岩佐)も当時被災しました。

奇遇にも今日の夕方は、神戸のお客様に訪問予定です。

高収益企業の次世代型組織モデルの設計のお打合せです。

長男様と次男様という立派な後継者の存在があります。

本当に敬服の限りです。

 

 

 

高田明氏(ジャパネット創業者)、
大山健太郎氏(アイリスオーヤマ創業者)。

長男様に次期社長を任命。

そんな名経営者は異口同音にこう言います。

 

 

 

「理念を継承するためには、同族の後継者がいい。」

 

 

 

血は水よりも濃い。そんな言葉もありますね。

さて、先日のブログで、

 

 

 

『日本一の千里眼』

『株価予想の達人』

『為替を読み切る』

『怖いほどよく当たる』

 

 

 

の異名も持つ。

そんな似鳥昭雄氏(ニトリ会長)の経済予測を紹介しました。

しかし、景気予測は決して占いではありません。

きちんとしたデータと理論に
裏付けられたものでなければならない。

 

 

似鳥会長の根底にあるのは『景気循環論』ですが、

その第一人者といわれる方とは?

 

 

 

 

その名は、嶋中雄二氏。

▼三菱UFJモルガン・スタンレー証券参与

▼景気循環研究所長

▼景気循環学会副会長

▼内閣府景気動向指数研究会委員

 

 

 

素晴らしい肩書でいらっしゃいます。

似鳥会長もこの方の学説を学ばれたのか?

 

 

 

『第3の超景気 ~ゴールデンサイクルで読み解く2025年』

(日本経済新聞出版社)

 

 

 

日経新聞夕刊「目利きが選ぶ3冊」で5つ星の評価を得る。

そんな名著の中で、嶋中氏はこう説いておられます。

 

 

 

▼東京五輪後の失速は不可避である。

 

▼東京五輪まで景気水準は維持されるが、
2021年付近は我慢の年になる。

▼1964~65年の「昭和40年不況」
の再来になるだろう。

▼2021年10月~2022年3月。
景気の谷がやってくる1つの候補だ。

 

 

 

▼しかし、2024年に日本経済は復活する。

▼2022年に森ビルが虎ノ門・麻布台地区に

330mの超高層ビルを建設。

▼2025年の大阪万博、
2027年のリニア中央新幹線開通。

 

 

 

▼東日本震災後の2012~2025年までの時代は、

全体としては、

*明治の「坂の上の雲」の時代(1904~16年)

*昭和の「ALWAYS三丁目の夕日」の時代

(1951~68年)

に続いて、ブロンズ・サイクルが形成。

 

 

 

▼日本経済にとって3番目の歴史的勃興の
時代ともいえる「第3の超景気」となる。



これは大変興味深い分析です。

東京五輪後に大不況がやってくる??

その後、再び景気は上向く??

総じて2025年までに史上3番目の歴史的勃興の時代へ?

日本人として希望が持てます。

 

 

嶋中氏が上記の経済予測を導き出した
理論の根底には以下が存在しているとか。

 

▼先読みの武器である景気循環論は、
20世紀の大経済学者シュンペーターが
唱えた下記3つの理論によるもの。

*キッチン・サイクル(短期循環)

*ジュグラー・サイクル(中期循環)

*コンドラチェフ・サイクル(超長期循環)

 

 

 

▼上記に以下を加える。

*クズネッツ・サイクル(長期循環)

 

 

 

▼上記4つの局面に基づき、以下のサイクルを唱える。

*ゴールデン・サイクル

⇒  4つの景気循環が揃って上昇する。

*シルバー・サイクル

⇒  短期か中期かどちらかが上昇せず、
3つの循環が上昇する。

*ブロンズ・サイクル

⇒ 長期と超長期のより根底的な2つの循環が上昇する。



さすがの論理的根拠です。

日本経済の今後の見通しをしっかり見極める。

経営計画を立てる上で、5年後まで視野に入れておく。

特に2025年までの日本経済動向は知っておくべし。

 

 

 

『企業 = 環境変化適応業』

 

 

 

これを実践するための経営者必須の教養なのです。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.