こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

前回のブログの続きです。

ここで、私(岩佐)の税理士としての職業病が発症しました。

(笑)

 

 

この老舗2社の決算内容はどうなの??

 

 

 

▼山本山

*当期純利益 ▲4億6426万円

*利益剰余金 56億2536万円

 

▼山本海苔店

*当期純利益 ▲10億9993万円

*利益剰余金  21億5029万円

 

 

 

あれれ?? 2社とも何と、赤字!?

非上場企業のため、貸借対照表の決算公告があるのみ。

よって、財務内容の詳細は不明。

ただ最終利益は赤字です。

本業の儲けを示す『営業利益』。

企業の真の実力を示す『経常利益』。

これらの利益が一体どうなのかも不明。

 

 

ただ私(岩佐)は大きな問題ではないとお見受けしております。

その根拠は以下の通りです。

 

 

 

▼内部留保(利益剰余金)が潤沢

▼実質無借金経営

 

 

つまり、単年度の赤字ではビクともしない。

そんな強固な財務体質が見え隠れします。

さすが、200~300年企業は違います。

 

 

2社の赤字から見えるのは、

 

“次の成長のために崩しを入れている”

 

ということ。

“崩れている”のではありません。

自滅では決してありませんので、
誤解なきよう、よろしくお願いします。

 

意図をもって、

 

“崩しを入れる”

 

ことを敢えて行っている。
これこそ、真の赤字の意味である。

私(岩佐)はこのように見ています。

老舗の世間一般的な弱みとして、よく見られるのは何か??

それは、過去のしがらみにとらわれ、革新性を見失う。

そして、完全に守りに入ってしまうということ。

しかし、2社のこれまでの歩みには、
こうした組織文化は一切見えません。

山本山10代目の現社長は、こうおっしゃっておられます。

 

…………………………………………………

アメリカでお茶とハーブを取り扱う
現地法人を買収した。

この事業が次の100年のカギになる。

ヒット商品に育つまでには時間がかかる。

想いが形になるまでには、
三代かかる。

だからこそ、心に決めていることがある。
自分でやりたいことは、
自分でやらない。

自分のやりたいことこそ、
次の世代の人に手がけてもらう。

その方が事業承継がスムーズに行く。

…………………………………………………

 

 

中小企業の事業承継が社会問題化する中、
大変素晴らしい理念です。

敬服の限りです。

:
:
:
:

我々会計の専門家や金融機関が『良い企業』

と評価する決算書があります。

 

 

▼収益性

*売上高営業利益率

*売上高経常利益率

*売上高当期純利益率

*売上高販管費比率

*総資本経常利益率

*自己資本当期利益率

 

▼安全性

*流動比率

*当座比率

*固定比率

*自己資本比率  などなど。

 

 

 

上記の経営指標の数値が高い。

まさに理想的な型と言えるかもしれません。
しかし、こうした組織が必ずしも良い企業だとは言えません。

確かに収益性や安全性は高いでしょう。

しかし、

 

【成長性の低い成熟企業】

 

の可能性も大いにあります。

もし、

 

▼成長性

 

を未来へ向けて高めようとするならば、

 

 

【財務数字を敢えて悪くする】

 

 

期間も必要です。

 

 

【長期】で理想の型を作るには、
【短期】で理想の型を崩す。

 

 

崩しを入れなければ、次の成長はあり得ないからです。

問題は意図的に崩しを入れた後の

 

【復元力】

 

の有無にあります。

大きな借入をして、自社ビルを建てる。

これも意図的に崩しを入れる経営判断と言えるでしょう。

しかし、あまりに大きく財務バランスが崩れると、
復元力が働かなくなることがあります。

かつて、今は亡き長銀が豪勢な自社ビルを建てた。

その数年後に経営破綻。

そんなことがありました。

 

 

 

『復元力が働く範囲内で、
数字をどこまで崩していくのか?』

 

 

この見定めこそ、経営手腕です。

崩しを入れた後に、復元力を働かせる。

これを実現できた経営者だけが、
組織を次の成長軌道に乗せられるのです。

 

▼理想的な型をまず作る。

▼それに安住せず、理想的な型を意図的に崩しにかかる。

▼その後、復元力を働かせる。

 

 

このスパイラルこそ、経営者の仕事なのかもしれません。

それでは、崩しを入れた後の
復元力のタイムリミットはどれくらいか??

 

 

答えは【2年】です。

 

そのヒントになるのが、坂根正弘氏。

800億円の赤字の中で社長に就任し、
コマツをV字回復に導いた名経営者。

2009年のハーバードビジネスレビュー、

『在任中に実績を上げたCEO世界トップ100』

として日本人首位になられた方です。

坂根氏はかつてこう言われました。

 

…………………………………………………

再建の目途を区切るとすれば、2年。

3年というのは長い。

1年では結果が出ません。

丸2年で結果が出なければ、
会社全体が疲弊してしまいます。

本当のところ、3年くらいは欲しい。

しかし、3年は結構長いんです。

それだけの時間は、なかなか待てません。

よって、再建は2年だと思います。

…………………………………………………

 

百戦錬磨の経営者ならではの味わい深いお言葉です。

(昨年は母校同窓会で念願のご挨拶ができ、
身に余る光栄でした。)
https://www.tfp-j.com/wordpress/index.php/archives/2180

 

 

 

復元力のタイムリミットは2年!

自社ビルを建てることにより、崩しを入れても、

さすがに2年で復元力は働かない。

ここが注意すべきポイントです。

裏を返せば、財務の知恵は以下の通りと言えます。

 

 

 

『2年で復元できると思える範囲内で、
敢えて数字を悪くすればよい。』

:
:
:

山本海苔店の今日の礎は、前述のように、
1869年(明治2年)の『味附海苔』

の開発の成功にありました。

海苔の味として白羽の矢が立ったのは?

『醤油』でした。

醤油の老舗と言えば、キッコーマン。

発祥は、1661年。

社歴は300年を突破し、
400年企業まっしぐらです。

現社長の堀切功章氏には、こんな名言があります。

 

…………………………………………………

13代目社長として、
先代たちの積み重ねてきた経営を
繋がなくてはいけない。

いまの業容も56年前の経営陣が
海外進出を決断したお陰だ。

自らの意思決定が50年後、100年後
の未来を見据えたものでなければ、

という思いはある。

…………………………………………………

 

経営者は日々、意思決定の連続です。

ただその自らの経営判断が50年後や100年後を

見据えたものだと堂々と言えるか??

私(岩佐)自身、お恥ずかしい限りです。

せいぜい、まあどうでしょうか?

3年後、5年後、10年後かな…

(汗)

 

 

 

キッコーマンの社名の由来とは??

千葉県香取市に総本社とする香取神社の亀甲。
これに『亀は萬年』をかけたそうです。

つまり、亀が長寿であることにあやかった。

そんな社名なのです。
長寿企業になるには、社名も大切なんですね。

良い学びを得ることができました。

 

 

 

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』

by ビスマルク(ドイツ鉄血宰相)
どんな時代でも、ビクともしない経営体質を作る。

そのためには、長寿企業の研究が一番です。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.