こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

10月に入り、平成30年(2018年)もあと3ヶ月足らず。

1年も4分の3が経過しました。早いもので、残り4分の1です。

 

実はアメリカでは『クォーター』という概念がよく使われます。

馴染みの深いところでは、フットボールやバスケットボールでは、

4クォーター制を取っています。

お金の25セントは1ドルの4分の1。

よって、25セントとは誰も呼ばず、クォーターと呼んでいます。

つまり、1年を4クォーター制で考えれば、

10~12月は『第4クォーター』です。

よって、仕事の現場では最終コーナーを回り、ラストスパートですね!

 

 

ただ本業で何かと忙しいこの時期、

企業の総務経理カレンダーでは『年末調整』のシーズンがやってきます。

ただでさえ、バタバタする年末に、

 

「●●さん、まだ生命保険控除証明書が提出されていませんよ。

早く出して下さい!」

 

との事務連絡を緊急で行わねばならない…

 

こうしたことを未然に防ぐため、この時期に各生保会社から自宅に

送られてくる『生命保険控除証明書』を紛失しないように、

全社員に周知徹底をお願いしたい。

 

 

以上の思いを込めて、顧問先のお客様全てに本日FAXレターを

お送りしました。

 

 

▼仕事は段取りが命!

▼ビジネスは先手必勝!

 

 

年末調整事務でバタバタせず、

本業に集中できるようにこれからお互い頑張りましょう!

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.