こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

歴史的勝利! 金星!

そんな賞賛を受けたラグビー日本代表。

ワールドカップのアイルランド戦。

世界ランク2位を見事に撃破。

今回の快挙の背景として、外国人選手の

 

 

『日本化』

 

 

が挙げられています。

プロ野球には外国人枠があります。

1軍に登録できるのは現行ルール上、4人までとされています。

それに比べると、ラグビーは柔軟です。

『3年以上の居住歴』があれば、プレーできるのです。

そんな背景もあり、

「ラグビーは外国人を使えるから、強化が楽」

という声もあります。

しかし、外国人をたくさん使えば、
勝てるのかと言うとそうは問屋が卸さない。

1999年のW杯では、超大物外人を含め、6人を起用。

しかし、0勝3敗の惨敗。

ラグビーは身体を張り、助け合う競技。

互いが「仲間を命を預けていい」という
信頼関係で結びつかなければ、勝つカルチャーにならないとか。

 

 

 

今回の日本代表の外国人選手は、15名。

うち8名は、日本国籍になっています。

うち9名は、日本の学校の出身。

主将のリーチマイケルは、札幌山の手高校の
入学と同時に来日しているとか。

 

 

このように、外国人選手のまさに

 

『日本化  =  同質化  =  環境変化適応』

 

が根底に流れるチームなのです。

次の試合は、サモア戦。

日本代表選手の今後の活躍が期待されます。

 

 

さあ、明日から消費税率が10%になります。

経営を取り巻く環境は大きく変化していきます。

ラグビー日本代表の外国人選手のエネルギーを拝受し、

『環境変化適応』をしていかねばなりません。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.