顧問税理士を企業参謀として活用せよ

image

▼優良申告法人の現状

*税務署長の認定 … 全企業中の0.5%程度
*調査選定…統括官のみが担当
*対外的なPR効果 … コンプライアンス遵守の企業姿勢

▼税務の世界に『戦略的思考』を落とし込む

*戦略的思考の第一段階が、ものの【本質】を考えるということにある。
*『戦略的』と私が考えている思考の根底にあるのは、一見混然一体となっていたり、【常識】というパッケージに包まれている事象を分析する。
*ものの本質に基づいてバラバラにした上で、それぞれ持つ意味合いを自分にとって【最も有利】となるように組み立てた上で、攻勢に転じるやり方である。
*個々の要素の特質をよく理解した上で、今度はもう一度人間の頭の【極限】を使って、組み立てていく思考法である。

(出所)『企業参謀 ~ 戦略的思考とは何か』 大前研一著

中小企業経営者の経営相談
状況調査 by中小企業庁

顧問税理士がダントツNo1

順位 相手
1 顧問税理士 68.1%
2 経営陣 34.9%
3 家族・親族 27.4%
4 メインバンク 17.7%
5 出資者・株主 15.8%
6 同業種の経営者 13.0%
7 経営コンサルタント 11.0%
8 異業種の経営者 10.6%
9 従業員 10.3%
10 取引業者 8.6%
日々是精進ブログはこちら
新型コロナ特設サイトはこちら
個別無料相談の詳細はこちら
  • 助成金&補助金で新型コロナ禍をチャンスに変える方法
  • 「令和時代にお金を賢く残す社長の新ルール」
  • お金を残す「社長の資産防衛の新常識」
  • お金を残す「社長の資産防衛術」
  • 「ずっとお金持ち」の人成金で終わる人
  • オーナー社長の「財務対策4つの急所」
  • 社長と会社のお金を残す力“養成”講座
  • 社長は「会社のお金」をこう残せ!
  • 小さな会社の社長のお金を残すために絶対必要な本
  • 社長のお金を残す財務プロジェクト作戦指南書
お問い合わせ
よくある質問