同業他社平均を
少しでも超えたら即アウト?

役員退職金は同業他社平均を
少しでも超えたら即アウト?

▼法人税法34②

役員に対して支給する給与の額のうち不相当に高額な部分の金額として政令で定める金額は、損金の額に算入しない。

↓

▼仙台高裁(平成10年4月7日)

功績倍率の平均値に基づいて算出された相当額については、類似法人の平均的な退職金額であるということはできるとしても、それはあくまでも比較的少数の対象を基礎とした単なる平均値であるのに過ぎない。
よって、これを超えれば直ちにその超過額がすべて過大な退職給与に当たることになるわけでないのは当然である。

ストライクは”点”ではなく、ゾーンである。
税法でいう“不相当に高額”とは、相当レベルで超えていることを意味する。

image
日々是精進ブログはこちら
新型コロナ特設サイトはこちら
個別無料相談の詳細はこちら
  • 助成金&補助金で新型コロナ禍をチャンスに変える方法
  • 「令和時代にお金を賢く残す社長の新ルール」
  • お金を残す「社長の資産防衛の新常識」
  • お金を残す「社長の資産防衛術」
  • 「ずっとお金持ち」の人成金で終わる人
  • オーナー社長の「財務対策4つの急所」
  • 社長と会社のお金を残す力“養成”講座
  • 社長は「会社のお金」をこう残せ!
  • 小さな会社の社長のお金を残すために絶対必要な本
  • 社長のお金を残す財務プロジェクト作戦指南書
お問い合わせ
よくある質問