持分なしに移行が難しい理由(その1)

1.認定要件を満たすのが難しい法人

* 自由診療の割合が高い
* 内部留保資金が多額にある
* 最近、医療法等の法令違反により処分を受けている法人
* 法人と個人の公私の区別ができていない法人
(役員貸付金・役員社宅・高額役員報酬)
* MS法人に多額の資金を流している法人
* 認定要件を現在はなんとか満たしているが、6年間引き続き満たす自信のない法人

(注)改正後の移行も任意なので、現在の出資持分のある医療法人であり続けることも可能。
財産権の問題が生じるのでおそらく期限はないものと思われる。

image

2.後継者がいなくて売却を考えている法人

* M&Aを考えているのであれば、出資持分があった方が課税上有利である。
* 持分のある法人の場合、退職金と出資持分の売却の割合を変えることにより、税務上有利なシナリオ設計OK。

日々是精進ブログはこちら
新型コロナ特設サイトはこちら
個別無料相談の詳細はこちら
  • 助成金&補助金で新型コロナ禍をチャンスに変える方法
  • 「令和時代にお金を賢く残す社長の新ルール」
  • お金を残す「社長の資産防衛の新常識」
  • お金を残す「社長の資産防衛術」
  • 「ずっとお金持ち」の人成金で終わる人
  • オーナー社長の「財務対策4つの急所」
  • 社長と会社のお金を残す力“養成”講座
  • 社長は「会社のお金」をこう残せ!
  • 小さな会社の社長のお金を残すために絶対必要な本
  • 社長のお金を残す財務プロジェクト作戦指南書
お問い合わせ
よくある質問